そもそも樹木葬ってどういうもの?

photo

樹木葬は、後継者に迷惑をかけないお墓です。
宗旨・宗派自由の墓地で、誰でも自由にご利用することができ、管理もご契約時に一括で頂くので、安心して供養していただくことができます。また、約7割の方が自分が亡くなってから後継者に迷惑をかけたくないという想いの60代〜70代の方で、生前からご契約いただく方が多いです。

どうして樹木葬が注目されているの?

  • graf
  • graf

「核家族化が進み、“家”から“個”が重視されるようになってきた」「少子化の影響で、兄弟姉妹の数が減っていて、お墓を維持・管理していくことが負担」「子どもがおらず、お墓を継ぐ人がいない」「宗旨・宗派にこだわりがない」
など、様々な理由がありますが、子世代にお墓のことで負担をかけたくないと考える親世代が、継承者不要・金銭的負担が軽い「樹木葬」を考えるようになってきたことも、樹木葬の広がりの理由のひとつと考えられます。

また、お墓が遠方で、維持・管理が難しいため「墓じまい」した人が、先祖代々のお墓を樹木葬に改葬=「お墓のお引越し」をするケースもあります。

少子化はお墓の後継ぎ減少にもつながっています

2000年代に入り、50歳までに一度も結婚したことがない人の割合=生涯未婚率は増加し続け、1971~74年の第2次ベビーブーム期を境に、年間出生率は減少し続けています。

少子化は、お墓の後継ぎの減少にもつながっています。
「後継ぎがいない=お墓を維持できない」そういった方たちから、後継ぎ不要、墓地の管理不要の樹木葬は注目されています。

どういう人が樹木葬を買っているの?

こんなお悩みを抱えていらっしゃる方が樹木葬を購入されています。

circle

樹木葬霊苑を選ぶときのポイントは?

樹木葬を選ぶときのポイントについて

  • アクセス
    (お墓参りがし易いかどうか)

    まずは「お墓参りする人が行きやすい場所かどうか」が大切です。景観がいいという理由で、自宅からあまりにも遠い場所を選ぶと、お参りする方の負担になります。
    車を利用する場合は、駐車場は霊苑に隣接しているのか、それとも少し離れた場所にあるのか、どの程度の台数を停められる規模の駐車場が完備されているのか、確認を。
    電車を利用する場合は、「最寄駅からの距離と交通手段」「送迎バスの有無」を確認しましょう。

  • 宗旨・宗派の有無

    最近では「無宗教」で葬儀を行う方も多いため、宗旨・宗派を問わない墓地・霊苑も増えています。
    ただし、宗教法人や寺院が運営する墓地・霊苑の中には、その宗教の信者のみや寺院の檀家のみの埋葬しかできない場合もあるので注意が必要です。
    また、本人は無宗教での葬儀・埋葬を希望していても、ご家族・ご親族が、先祖代々信仰している宗教でのご供養を希望する場合がありますので、ご家族・ご親族と充分な話し合いが必要です。

  • 管理状態や設備、管理費

    樹木葬を購入される方の多くは2名以上の埋葬を希望されるため、納骨後にお墓参りに来られる方が多いです。そのため、墓地の管理状態や設備が非常に重要になってきます。また、管理費を購入時に一括で支払えないと子供に迷惑をかける場合があるので、確認が必要です。

  • 費用

    永代供養料

    墓地・霊園を選ぶときの一番のポイントが「永代供養料」です。
    これは、お墓を建てる時に支払う「土地を永代にわたり使用するための料金」=「お墓の土地代」で、永代供養墓は50万円前後が相場と言われています。(「永代供養料」の場合は、「遺骨を永代にわたり供養するための料金」となります)
    墓地・霊園の立地条件等によって価格が変動しますので、確認が必要です。

    埋葬料

    多くの墓地・霊苑が一人あたりの料金を設定しています。複数人を埋葬する場合の費用については確認が必要です。

    年間管理費

    墓地・霊苑によっては、年間管理費がかかる場合もあります。
    資料やサイトで確認するだけではなく、見学の際にきちんと確認しておいたほうがいいでしょう。

やわらぎ苑(都市型・公園型)を選ぶメリット

樹木葬には、大きく分けて「里山型」「都市型・公園型」「ガーデニング型」の3種類があります。
やわらぎ苑は、「都市型・公園型」の樹木葬霊苑です。やわらぎ苑をお選びいただくメリットをご紹介します。

 アクセス宗旨・宗派管理費価格
やわらぎ苑(都市型・公園型)最寄り駅から近い問わない40万円~
里山型山にあるので遠い×
ガーデニング型かかることが多い×割と高め×
納骨堂×

~後悔のない樹木葬霊苑選びを~

樹木葬霊苑の良しあしは、資料を見るだけではわかりません。
実際に現地に見学に行き、場所や価格が希望と合っているかどうかを確認し、樹木葬のメリット・デメリットも踏まえたうえで、ご家族・ご親族と話し合い、ご自身が納得できる最適な霊苑を選びましょう。